ビタミンA

ビタミンAとは

■ビタミンAは脂溶性のビタミンで、油に溶ける性質をもっています。
レチノールやカロテンなど体内でビタミンAとして働く栄養素の総称です。
■化学名:レチノール。
■主な作用:皮膚・粘膜・目を丈夫にして免疫力を向上させる機能をしている。
■性質:光、熱、酸素に弱いという性質があります。

こんなヒトにおススメ

・目が疲れやすいヒト
・夜盲症のヒト
・皮膚、粘膜が弱いヒト
・乾燥肌のヒト
・風邪をひきやすいヒト

ビタミンAはどんな働きをするの?

ビタミンAの効果には、

 

皮膚粘膜を正常に保つ効果、
網膜色素の成分となる、
免疫機能を維持する

 

などがあります。

ビタミンAの不足

ビタミンAが不足すると呼吸器などの粘膜が弱くなるため

 

●感染症にかかりやすくなります。

 

また、

 

●皮膚が乾燥し

 

●爪がもろくなります。

 

暗がりでモノが見えにくい、光が過剰にまぶしく感じる、目が乾燥などの目の不調が起こりやすくなります。

ビタミンAの過剰摂取

ビタミンAは、通常の食事だけでは過剰症になることはありません。

 

しかし、ビタミン剤などから摂取すると、体内に蓄積されやすく、

 

摂取し過ぎると、

 

●頭痛、

 

●発疹などの不調

 

●妊娠初期の過剰摂取は胎児の奇形の原因となります

 

ので注意が必要です。

ビタミンAを多く含む食品

ビタミンAには、レチノール類とβカロテン類の2種類があります。

 

レチノールは、動物性食品に含まれている成分のことです。

 

βカロテンは、主に緑黄色野菜に含まれています。

 

レチノール
鶏レバー(50g) 7000μg、豚レバー(50g) 6500μg、うなぎの肝(50g) 2200μg

 

β-カロテン
モロヘイヤ(50g) 850μg,にんじん(50g) 728μg,、西洋かぼちゃ(100g) 660μg,

 

●1日の摂取量の基準

 

成人男性 750μg、成人女性 600μg、妊婦 670μg、授乳婦 840ug、許容上限摂取量 3,000μg

ビタミンAを効果的にとるレシピ

参考例:レバーの赤ワイン煮

材料:
●鶏レバー:400g  ●にんにく:1片 ●しょうゆ:大さじ3  ●砂糖:小さじ1  ●赤ワイン50cc  ●しょうが:適量

手順:
@レバーは脂と血を抜き、一口大に切り、熱湯を沸かした鍋に入れ、しっかり火を通してザルにあげる。
A鍋にしょうゆと砂糖を煮立てて、レバーと小さく切ったにんにくを入れる。
Bワインを入れて弱火で煮込み、煮汁がトロリとしたら日を止める。
C盛りつけに細切りしたショウガを添える。

これで出来上がりです。

リンク集

●ビタミンCナビ
http://www.goods-new.info/vitamin-c-navi/

 

●ビタミンEナビ
http://www.goods-new.info/vitamin-e-navi/

 

●ビタミン・ミネラル・ナビ
http://www.vitamin-mineral-navi.info/01/